当サイトにお越しいただきありがとうございます。(^O^)このページでは短いまつ毛に悩む私がまつ毛美容液で対策した話を書いています。同じお悩みのある方に参考にしてもらえたら嬉しいです♪

まつ毛美容液で色素沈着しないのが欲しい!

みなさんはじめまして!私は東京都の八王子に住んでいるみな実です!

 

 

実はずっと悩んでることがあって。。。まつ毛が人よりすごく少ないんです!私の母もそんなにまつ毛が濃い人ではないのでもしかしたら遺伝かもしれないですね(-_-;)

 

 

10代の頃は付けまつげをつけたりしてましたが、まさか会社に付けまつげなんてつけて行けないし。。。

どうにかして改善できないかなってずっと悩んでいたんです。

 

それで、まつ毛美容液で自まつ毛を長く育てられないかな?って思ったんですけどお肌があまり強くないから、副作用とかが心配で(-_-;)

 

まつ毛美容液をしてまぶたに色素沈着した人がいるって聞いて怖くなってしまって。。。目元の敏感なところに使うものだから、やっぱり添加物とか使われていないものがいいもんね♪

 

私が探して副作用が無いまつ毛美容液を下にまとめておきました♪

オーガニック処方で副作用の無いまつ毛美容液

ボニーラッシュ」

 

ボニーラッシュ

 

ボニーラッシュは鉱物やシリコンなどの旧表示指定成分は一切不使用。安全性のテストもクリアしているから安心。実際に敏感肌の私が使っても肌荒れとかは起きませんでした!もちろん副作用もなしです。目に入ってもしみたりしないから安心して使うことができますね。

 

>>ボニーラッシュの詳しい情報はこちら

「ディアモスト」

 

 

口コミでも人気のディナモストはオーガニック処方だから低刺激で肌に優しいところがグッド。1日1回3秒塗るだけでOK!今注目の有効成分「キャピキシル」が使われているのがポイント。色素沈着などは起こりません。もちろんパッチ試験もクリア済み。

 

>>ディアモストの詳しい情報はこちら

「 スカルプDのまつ毛美容液プレミアム」

 

 

スカルプDはパラベンやオイルはもちろん合成香料などの添加物はフリーです。アレルギーテストも実験済みなので、肌荒れが心配な人にはおすすめです。目元のエイジングケアができるのもポイント高い。オイルフリーなのでエクステをつけてても使用が出来ます。

 

>>スカルプDまつ毛美容液プレミアムの詳しい情報はこちら

「バサラ エッセンス」

 

主成分が漢方エキスで作られているバサラ。低刺激、ノンアレルギー処方だからコンタクト装着時も使用OK!もちろんオイルや合成香料などは一切不使用です。ロールオンタイプだから目元にしっかり塗れるのがポイント!色素沈着などの副作用が起きる成分は使われていません!

 

>>バサラエッセンスの詳しい情報はこちら

まつ毛美容液で副作用があるものがある?

化粧品として、位置づけされているまつ毛美容液には、目に重大な悪影響を及ぼす成分は入っていません。極端な話、口に入ってしまっても大丈夫なように食べてもOKな成分なんです。

 

ですが、まつ毛美容液の中には「医薬品」として登録されているものがあります。

 

眼科などで処方されていて、「まつ毛貧毛症」の治療薬として処方される「グラッシュビスタ」や「緑内障」の治療の目的で処方される「ルミガン」です。

 

これらは、まつ毛の育毛効果が高く、多くの人がその効果を実感していましたが、視力低下、目の充血やかゆみ、眼圧低下、上まぶた下垂といった副作用が報告されています。

 

有名な所で「リバイタラッシュ」というまつ毛美容液にこのような成分が入っていたために、色素沈着などの副作用が出てしまうという事例がありましたね。

 

色素沈着をしない使い方などの情報が出回ったりしていましたが、最近では改良され副作用の心配は無いようです。。。

気になる疑問にお答えQ&A

まつ毛美容液が安全かどうか判断する基準って?


刺激が強く毒性や副作用のある成分を配合しなくても、まつげ美容液に効果があることは、多くのメーカーがモニターテストで検証しています。市場に出る前の製造の段階で、まつげ美容液として使用される合格基準をクリアしたものだけが市場に出されているのです。間違った使い方によって副作用が起こる可能性はあっても、まつげ美容液の正しい使用法を守れば問題は起こりません。まつげ美容液のその安全性はしっかりと実証されています。

ビマトプロストってどんな成分?


この成分は、緑内障の治療薬として使用されている成分です。まつげ育毛の効果を促す作用もあるのですが、この成分がまぶたに色素沈着を起こすことがあることは、過去にも報告されています。症状としては、まぶたの皮膚が茶色にくすんでしまう現象です。以前はこの成分を含んだまつげ美容液が市場に出回っていましたが、このような色素沈着を起こすことがあると分かり、医薬品と認定されたまつげ美容液には、ビマトプロストを配合することが認められなくなりました。今では、この成分が原因でまぶたの色素沈着が起きる心配はなくなっています。

パラベンってどんな成分なの?


パラベンは化粧品やシャンプー食品にもよく使われている防腐剤の1種です。防腐剤といっても多くの種類がありますが、中でもパラベンは、広い範囲の微生物に対して抗菌力があり、毒性が低く安全性も高いことから、ポピュラーな成分として幅広い分野で活用されています。ただ、パラベンだけではなく他にもホルムアルデヒドなどの毒性の強い成分を含んでいる化粧品・まつげや、毒とは言えないものの肌の感想を招きぼろぼろにしてしまう成分を多く含んでいるもの散見されます。特にまつげは粘着力を作り出すために、皮膚に余計な負担をかける成分が多いので要注意です。

敏感肌ならパッチテストをしよう!

どんなに安心、安全と言われているまつげ美容液も、超敏感肌の人やアレルギー体質の人には少なからず刺激があります。

肌がかぶれる心配がある人は、はじめてまつげ美容液を使用する前に、かならずパッチテストを行ってそれが自分に合っているのかをきちんと確認してから使用してください。

パッチテストは、腕の内側や太物の内側など、まぶたと同じように皮膚が薄くて柔らかい場所を選んで、1日ぐらい放置しておきます。

もし、かゆみ・赤みなど皮膚が反応を起こしているようでしたら、そのマツゲ美容液は自分に合っていないかもしれません。使用を控えるか、メーカーなどに直接問い合わせて相談してください。